みてね基金
みてね基金

【みてね基金】 すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる世界を目指して

家族アルバム「みてね」は、5周年を迎えた2020年4月13日にみてね基金を設立し、子どもやその家族の問題を支援している各種団体様への助成活動を開始いたしました。
 
第一期では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて困りごとを抱える子育て家庭に対して支援活動を行う団体様を対象とし、本日より各種団体様の募集を行い、子どもとその家族への迅速な支援活動を開始してまいります。

「みてね基金」設立にあたって

「みてね」は「家族の絆をより深めることができる」「子どもを中心に愛情の架け橋となるような」サービスを目指して開始しました。遠く離れた家族とも、みてね内での子どもの成長の共有、あたたかなコミュニケーションを通じて、家族の絆が深まること、また、世代を超えて子どもへの愛情を注ぐ場となることで、子ども自身もより愛情を感じることができる場になればと考えて運営してきております。
 
一方で、子どもの難病、経済的な貧困、虐待、不妊治療、教育格差など、様々な困難や課題を抱えているご家族もたくさん存在していると感じています。特に昨今の新型コロナウイルスの影響を受け、営業縮小により収入源や失業増加の懸念、妊娠中や産後に十分な医療ケアを受けられないこと、虐待の加速や教育格差の広がりなど、子どもや家族を取り巻く問題は更に深刻化していくとみられています。
 
このような状況を受け、私たちは、「みてね」を通じて、すべての子どもやその家族が幸せに暮らせる世界を目指していきたいと考え、新たな取り組みとして「みてね基金」を設立することにしました。

「みてね基金」について

「みてね基金」は、『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる』ことを目標に、国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)で掲げられた「2030年までに世界が達成すべき17の目標」を参考に、病気・貧困・虐待・出産・教育の5領域を独自に定め助成活動を広げていきます。
 
さらに第一期の公募では、対象を5つの領域の中でも、新型コロナウイルスの影響で困りごとを抱える家庭を支援する活動を行う団体様に絞って実施いたします。
 
感染拡大防止のためのイベント等の自粛、飲食店・小売店の営業縮小により収入減や失業する方の増加が懸念されています。また、学校で休校措置が延長されることで、子どもたちの教育格差が広がる恐れもあります。
 
このほかにも、出産を控えた妊婦の方の不安の増大、医療機関のひっ迫により本来受けられる治療が後回しになる、経済不安や外出自粛による家庭内ストレスから虐待増加のリスクが高まる、といったことも危惧されます。
 
こうした現状においては、まず新型コロナウイルスの影響により困りごとが生じている子育て家庭に必要な支援を届け、手助けしていくことが「みてね基金」として必要と考え、新型コロナウイルスの影響を受ける家庭を支援する団体様を対象に実施することを決定いたしました。
 
「みてね基金」助成イメージ
「みてね基金」の具体的な助成活動としては、「みてね」の事業責任者でもある当社取締役会長の笠原 健治が個人として寄付する資金10億円を原資に、子どもやその家族を取り巻く社会課題の解決に取り組んでいる団体様に対する活動資金の提供。
 
ならびに団体様の活動内容を「みてね」のユーザーの皆様に紹介することで、子どもやその家族に関わる問題を皆様に知っていただき、課題解決を必要としている方々への支援の機会も増やしていきたいと考えております。
 
みてね基金では、子どもやその家族の課題解決を全面支援し、笑顔にあふれる世界の実現を目指します。

「みてね基金」の活動テーマ


みてね基金は、以下5つの領域を助成活動の対象といたします。

1.病気(難病・障害)

小児がんや難治性小児疾患を抱える子ども、またそれ以外の難病や障害のある子どもに健康と福祉を提供していくことを目的としています。

2.教育(児童養護・教育格差)

経済格差や家庭環境によって生まれる学力格差・教育格差を埋めるために、すべての子どもに平等な教育機会を提供することを目的としています。

3.貧困(経済的な貧困)

国内の7人に1人の子どもが「相対的貧困」とされ、特にひとり親世帯における子どもの相対的貧困率は5割を超えます(※1)。当基金では、すべての子どもに不自由のない暮らしを提供することを目的としています。

4.出産(不妊・妊活・妊娠中および産後)

国内で5.5組に1組の夫婦が不妊の検査や治療の経験があるとされています(※2)。また、妊娠中や産後においても、ストレスや不安を抱える方も多くいます。当基金では妊娠前・妊娠中や産後における不安を軽減していくことを目的としています。

5.虐待(虐待防止)

児童虐待の相談件数は平成30年度に16万件近くに上り(※3)、社会問題化しています。こうした実情に対し、虐待をしない子育て環境の提供を目的としています。
 
※1 厚生労働省「平成28年 国民生活基礎調査」より
※2 国立社会保障・人口問題研究所「2015 年社会保障・人口問題基本調査」より
※3 厚生労働省「平成30年度 児童相談所での児童虐待相談対応件数<速報値>」より
 

助成プログラムについて

第一期の応募受付は、2020年4月30日(月)〜5月15日(金)までで終了いたしました。

■ 第一期の支援団体が決まりました(2020年6月29日 更新)

現在の社会情勢を鑑み、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けて困りごとを抱える子育て家庭に対して支援活動を行う団体様を対象といたしました。

採択の結果はこちらからご覧いただけます

  • 第一期 1回目の採択結果:https://media.mitene.us/archives/1868
  • 第一期 2回目の採択結果:https://media.mitene.us/archives/2018
  • ■ 第二期の募集について

    決定次第、本みてね基金特設ページにてご案内いたします。

    【参考資料】2020年度「みてね基金」第一期の募集について

  • 第一期 募集要項(募集は終了しております)
  • 第一期 参考資料:応募申請フォーム(項目一覧)(募集は終了しております)
  • 2020年度「みてね基金」 よくあるご質問
  • 「みてね基金」概要

    名称 みてね基金
    設立年月日 2020年4月13日(月)
    支援内容 子育てをめぐる社会課題の解決に取り組んでいる団体への資金提供および団体の認知向上に向けた情報発信
    支援対象団体 下記領域において、子育ておよび家族への支援活動を行う団体

     1.病気(難病・障害)
     2.教育(児童養護・教育格差)
     3.貧困(経済的貧困)
     4.出産(不妊・妊活・妊娠中および産後)
     5.虐待(虐待防止)

    ※第一期においては、上記領域にて新型コロナウイルスの影響を受ける子育て家庭に対して支援活動を行う団体を対象といたします

    運営協力 NPO法人ETIC.
    公式サイト みてね基金
    お問合せ先 mitene_fund@etic.or.jp

    こちらもおすすめ